ウェルスナビ テオ 資産運用

【比較】ウェルスナビとTHEO(テオ)はどちらがおすすめ?【1年間の運用実績も公開】

ぶたくん
ウェルスナビとテオってどっちがいいんだろう?

こんなふうに悩んでいませんか?

 

最近、本格的に注目を浴びつつある「ロボアドバイザー」

ロボット(AI)が自動であなたの資産を運用してくれるサービスです。

 

いろいろな会社がロボアドバイザーを開発しているなかで、中でも特に注目度が高くよく比較されるのが「Wealthnavi(ウェルスナビ)」と「THEO(テオ)」です。

どちらも評判がいいだけに、どちらか一方に選ぶのはなかなか難しいですよね。

投資初心者や忙しくて時間の無いビジネスパーソンならなおさらです。

 

そこで本記事では、ウェルスナビとテオをあらゆる面で比較し、どちらがよりロボアドバイザーとして優れているのか紹介しています。

投資なんて初めてだよという初心者でも分かるように、丁寧に解説していますのでどうぞ最後までご覧ください。

 

なお、先にネタバレしておくと、それぞれウェルスナビとテオがどんな人に向いているかは次の通りです。

 

ウェルスナビがおすすめな人

  • 高いリターンを期待

 

テオがおすすめな人

  • まずは少額から始めたい





Wealtnavi(ウェルスナビ)とは

ウェルスナビは、ウェルスナビ株式会社が運用するロボアドバイザーです。

2016年7月からサービスを開始し、2019年7月でサービス公開3周年を迎えました。

 

ロボアドバイザー界のパイオニア的存在で、「預かり資産」「運用者数」「リターン実績」のすべてにおいて業界No.1です。

預かり資産額は1700億円を超え(2019年9月5日時点)、そのシェアは数あるロボアドバイザーの中でも断トツの58%。

申込件数は23万件を突破し、その数はまだまだ増え続けています。

 

ウェルスナビの特徴

ウェルスナビの特徴は次のとおりです。

  • 世界水準の資産運用をすべて自動で行う
  • ノーベル賞受賞者の金融アルゴリズムがベース
  • 手数料は預かり資産の1%
  • スマホ1つで始められる
  • 「長期」「積立」「分散」が前提の資産運用
  • DeTAX(自動税金最適化)機能

 

自動で資産運用してくれるから、投資初心者や忙しいビジネスパーソンにぴったりじゃ!
マネー博士

 

ウェルスナビに関するさらに詳しい情報は、下の記事にまとめています。

 

 

THEO(テオ)とは

テオとは、「株式会社お金のデザイン」が運用するロボアドバイザーです。

ロボアドバイザー界ではウェルスナビに次ぐ2番手で、7.5万人がテオで資産を運用しています。

 

以前はウェルスナビに機能面で劣っていましたが、順次アップデートを繰り返し、現在ではウェルスナビと同等の機能を有すまでに成長しました。

 

テオの特徴

テオの特徴は次のとおりです。

  • 1万円から始められる
  • 積立は1万円以上1円単位から
  • 手数料は預かり資産の1%
  • 世界中のETFに分散投資
  • 市場の下落リスクを事前に予測するAI機能搭載
  • Tax Optimizer(自動税金最適化)機能

 

以前はTax Optimizerなんて機能は無かったんじゃ。つまり、テオはウェルスナビに負けじと、次々と機能をアップデートしてきたんじゃ!
マネー博士

 

 

ウェルスナビとテオの違い

ぶたくん
じゃあ、結局2つはどこが違うの?
せっかちなやつじゃのぉ。これから詳しく説明してくから耳の穴かっぽじって聞いとくんじゃぞ!
マネー博士

 

では、ウェルスナビテオはどこが違うのか。

お互いの共通点と違いが分かるように表にまとめてみました。

ウェルスナビ テオ
自動リバランス機能
投資先 世界50ヶ国、11,000銘柄 世界86の国・地域にわたり、11,000銘柄以上
自動積立
手数料 0.9%~1.0% 0.65%~1.0%
最低初期投資額 10万円 1万円以上、1,000円単位
積立金額 1万円 1万円以上、1円単位
自動税金最適化
キャンペーン あり あり

 

違うところだけ色(青、赤)をつけています。

1つずつ解説していくぞい!
マネー博士

 

投資先

まず、ウェルスナビテオでは投資先が違います。

銘柄数はどちらも同じ11,000銘柄ですが、投資先の国や地域の数が異なります。

  • ウェルスナビ ⇒ 50ヶ国
  • テオ     ⇒ 86の国や地域

テオの方がより多くの国や地域に投資先を分散させています。

 

投資の基本は「長期・積立・分散」なので、投資先は分散した方が良いです。

そういう意味では、ウェルスナビもテオもどちらも十分すぎるほど分散投資ができています。

 

あとは、実際にどんな銘柄に投資しているかの違いになりますが、これ以上の説明は完全に玄人向けになりますので、ここではやめておきます。

 

とにかくどちらも投資先は十分に分散できていることだけ覚えておけばOKじゃ!
マネー博士

 

手数料

ウェルスナビテオも基本的にどちらも手数料は1%(年率)です。

ただし、どちらも預ける金額や期間によって手数料が割り引かれるのが特徴です。

まずは、金額による手数料の割引率を表にまとめてみました。

預かり資産額 ウェルスナビ テオ
1万円未満 1.0% 1.0%
1万円から50万円未満 1.0% 0.9%
50万円以上100万円未満 最大0.9% 0.8%
100万円以上1,000万円未満 最大0.9% 0.7%
1,000万円以上3,000万円 最大0.9% 0.65%

ウェルスナビは最大で0.9%、テオは0.65%まで手数料が割引されます。

 

なお、ウェルスナビの「最大で」というのは、次のような仕組みです。

50万円以上なら半年ごとに0.01%ずつ、200万円以上なら半年ごとに0.02%ずつ、最大0.9%まで手数料を割引

つまり、50万円以上預けている場合は5年で、200万円以上なら2.5年で手数料が0.9%まで割引されます。

 

ぶたくん
ということは手数料の面では、テオの方がお得なんだね!

 

運用金額が大きくなるにつれて、テオの方がウェルスナビに比べ手数料が安くなります。

しかし、テオには1つだけ注意することがあります。

それは、「毎月積立をしている」ことが手数料割引の条件となることです。

 

一方で、ウェルスナビは単純に預けている金額だけが50万円を超えてさえいれば、手数料が割引されます。

ですから、どちらも一長一短あることを理解しておいてください。

 

あとは、どちらも共通して3,000万円を超えた分については手数料が0.5%になります。

これはウェルスナビもテオも全く同じです。

 

3,000万円を “ 超えた分 ” だけ?

 

どういうことかと言うと、つまり3,500万円預けていた場合、3,000万円を超える「500万円」にかかる手数料が0.5%になる仕組みです。

 

3,500万円すべてが0.5%になるわけじゃないから、そこは勘違いせんようにのぉ
マネー博士

 

とは言え、3,000万円以上もウェルスナビに預ける人はそもそもそんなにいないでしょうから、あんまり気にしなくてもOKです。

 

最低初期投資額

最低初期投資額とは、最初に資産運用をスタートするのに必要なお金のことです。

ウェルスナビが10万円なのに対し、テオは1万円から始めることができます。

初心者の方で最初は少額から始めたいという方にとっては、テオがぴったりでしょう。

 

積立金額

ウェルスナビテオも毎月自動で積み立てる「自動積立機能」が備わっています。

一度設定してしまえば、毎月勝手に自動で積立をしてくれるのでとても楽です。

その金額の設定が、ウェルスナビでは1万円単位、テオでは1万円以上1円単位となっています。

 

つまり、ウェルスナビは「1万円、2万円、3万円…」、テオは「1万円、1万1円、1万2円…」といった具合で積立額を選ぶことができるので、テオの方がより融通が利くといったところです。

 

 

ウェルスナビとテオの共通点

では続いて、ウェルスナビテオの共通点について解説していきます。

先ほどの表をもう一度見てみましょう。

ウェルスナビ テオ
自動リバランス機能
投資先 世界50ヶ国、11,000銘柄 世界86の国・地域にわたり、11,000銘柄以上
自動積立
手数料 0.9%~1.0% 0.65%~1.0%
最低初期投資額 10万円 1万円以上、1,000円単位
積立金額 1万円 1万円以上、1円単位
自動税金最適化
キャンペーン あり あり

今度は共通する項目を青で表記しています。

 

自動リバランス機能

リバランスとは上の図のとおり、資産運用していく過程で偏ってきた資産配分比率を最初の配分比率に戻す作業の事です。

具体的には、値上がりした資産の一部を売却したり、値下がりした資産を買い増しすることによって資産配分の調整を行います。

つまり、リバランスとは投資の基本である「安く買って、高く売る」、これを機械的に自動で行ってくれるのです。

 

本来、自分で投資信託などを購入して運用している場合は、自分でリバランスを行わなければならないのですが、ウェルスナビとテオはAIが自動でリバランス作業を行ってくれます。

定期的に行うリバランスは正直面倒くさいですし、そもそも投資初心者には少しやり方が難しく感じるかもしれません。

ですから、自動でリバランスを行ってくれるウェルスナビやテオは初心者にぴったりです。

 

自動積立

ウェルスナビテオも自動積立機能があります。

最初に積立額を設定して、あとは口座にお金を入れておけば勝手に積立をしてくれるのでとても楽です。

 

先ほども説明したように、投資の基本は「長期・積立・分散」です。

積立は必須とも言える投資のテクニックの1つなので、ぜひこの自動積立機能を活用しましょう。

 

自動税金最適化

ウェルスナビテオも「自動税金最適化機能」が組み込まれています。

「自動税金最適化」、少し難しい言葉が出てきましたね。

簡単に説明すると、“ 利益にかかる税金を最小化することができる機能 ” のことで、ウェルスナビでは「DeTAX」、テオでは「tax Optimizer」とそれぞれ別の名称で呼ばれています。

 

自動税金最適化作業は、緻密で瞬間的な計算を用いた取引により実現するので、正直人間の成せる業ではありません。

ロボアドバイザーならではの機能と言えます。

 

ウェルスナビはサービス開始当初からこの機能を搭載していましたが、テオは最初はこの機能は持ち合わせていませんでした。

ウェルスナビに追従する形で、この機能を搭載してきました。

 

勝手に自動で利益を最大化(税金を最小化)してくれるので、とても頼りになります。

 

キャンペーン

ウェルスナビテオどちらも大体いつもキャンペーンをやっています。

ウェルスナビは常に数種類(3~4種類)のキャンペーンを行っているので、口座開設のタイミングで公式サイトを確認してみるといいかと思います。

テオもウェルスナビ同様にキャンペーンを行っていますが、不定期なのでこちらも口座開設前に公式サイトで確認された方がいいでしょう。

 

キャンペーンの内容は時期により変わりますが、大体次のようなものが多いです。

  • 自動積立開始キャンペーン
  • 招待キャンペーン
  • 入金キャンペーン

 

 

ウェルスナビとテオの運用実績を比較

↓ ウェルスナビ ↓

 

↓ テオ ↓

 

上の画像は、私が実際に1年間ウェルスナビテオで資産を運用した結果です。

見やすいように表にまとめました。

ウェルスナビ テオ
通貨 日本円 ドル 日本円 ドル
資産評価額 98,606円 914.90ドル 9,472円 88.46ドル
運用利回り -1.39% +0.58% -5.28% -3.10%

運用条件は次のとおりです。

【ウェルスナビ】

  • 運用開始2018年6月
  • 初期投資額10万円
  • 自動積立なし

【テオ】

  • 運用開始2018年6月
  • 初期投資額1万円
  • 自動積立なし

条件は初期投資額以外、全く同じで1年間運用してみました。

あえて自動積立もしていません。

純粋にどちらのロボアドバイザーの能力が高いのかを調べるためです。

 

結果、運用実績はウェルスナビの圧勝です。

積立をしていない分、どちらも運用実績自体は微妙な結果になっていますが、運用利回りで2つを比べるとその差は圧倒的です。

 

どちらも機能的にはほとんど差が無いのに、運用実績に差が生じるのは投資先やポートフォリオ(資産割合)の違いでしょう。

 

 

【比較】ウェルスナビとテオはどちらがおすすめ?【1年間の運用実績も公開】|まとめ

以上、「【比較】ウェルスナビとテオはどちらがおすすめ?【1年間の運用実績も公開】」でした。

 

最後にもう一度おさらいします。

ウェルスナビがおすすめな人

  • 高いリターンを期待

 

テオがおすすめな人

  • まずは少額から始めたい

 

個人的には、初期投資額10万円を準備できるのであれば、運用パフォーマンスが優れているウェルスナビをおすすめします。

なお、私はこれから今回の検証結果を基にウェルスナビに資金をつぎ込んでいく(自動積立を開始する)予定です。

随時、運用実績を公開していきますので、ぜひそちらも参考にされてください。

 

公式サイトはこちら

 

 

副業

Uber Eats(ウーバーイーツ) 副業

【写真あり】ウーバーイーツで配達する時の服装は自由?制服とかあるの?

  ぶたくん「ウーバーイーツで配達する時の服装って決まりはあるの?制服とかあるのかな?」 と困っていませんか?   いつでもどこでも自由に働けるのが売りのウーバーイーツですが、果たして服装はどうなのでしょうか? 服装すらも自由なのでしょうか。 それとも、制服など決まりがあるのでしょうか。 気になりますよね。   そこで本記事では、ウーバーイーツで配達する時の服装について、実際にウーバー配達パートナーとして働いている人の写真を交えながら紹介していきます。 これからウーバーイーツ ...

Uber Eats(ウーバーイーツ) 副業

ウーバーイーツ配達中に事故ったら保険はきく?【答え→保険きくけど条件あり】

  ぶたくんウーバーイーツで配達中に事故を起こした場合、保険て適用されるのかな? と不安に思っているあなた。   自転車やバイクで配達をする “ ウーバーイーツ ” 。 配達中に事故に遭う可能性は無いとは言い切れませんよね。 ですから、万が一事故に遭った時に保険が適用されるのかどうかは事前に確認しておきたいところ。   そこで本記事では、ウーバーイーツで万が一事故に遭った場合保険が適用されるのかどうか、実際に事故に遭った事例も交えながら紹介していきたいと思います。 &nbsp ...

Uber Eats(ウーバーイーツ) 副業

【必需品6選】ウーバーイーツの配達に必要なアイテムは何?【初期費用は1万円以下でOK】

  ぶたくんウーバーイーツ配達パートナーを始めたいんだけど、どんなアイテムが必要なんだろう? と悩んでいませんか?   いつでもどこでも自由に働けるウーバーイーツ。 「自転車とスマホさえあればできる」が謳い文句ですが、果たして本当にそれだけで仕事を始められるのでしょうか?   答えは半分イエスで、半分ノーです。   確かに自転車とスマホだけあれば配達ができないことも無いですが、仕事の効率を上げるにはもっと別のアイテムが必要なのです。   そこで本サイトでは ...

BASE(ベイス)

【対策法】BASEで住所や名前などの個人情報を晒すのは危険?【バーチャルオフィスを使えば安心】

  ぶたくんBASEって個人情報がモロにばれるけど大丈夫なのかな?危険な目に遭ったりしない? とお悩みのあなた。   BASEに限らずネットショップを開く場合には、特定商取引法に基づいて名前や住所などの個人情報を開示しなければなりません。 自宅で作業をしている場合、自宅の情報を登録しなければならないので、ちょっと抵抗感がありますよね。 女性の一人暮らしなんかだと、特に不安です。   そこで、本記事では BASEに個人情報を登録するのって危ないの? 個人情報を登録しなくても済む ...

STORES.jp

【初心者向け】STORES.jpとは?「フリープランorスタンダードプラン」おすすめはどっち?

  ぶたくんネットショップを「STORES」で開いてみたいんだけど実際のとこどうなの?初心者でもできるのかなあ? こんなふうにお悩みのあなた。   インターネットが普及し、個人でも簡単にネットショップが開けるようになりました。 しかし、初めてネットショップを開設する初心者にとっては、当然不安もあるでしょう。   そこで本記事では、STORES.jpについて初心者でも分かるように、やさしく丁寧に解説しています。 本記事を読み終えるころには、あなたが不安に思っていることもきっと解 ...

副業の記事はこちら






資産運用

確定拠出年金(DC) 資産運用

【サルでも分かる】確定拠出年金のメリットとデメリットをやさしく解説

  ぶたくん確定拠出年金(DC)ってどんなメリットやデメリットがあるの?全然分からない… と悩んでいませんか?   私も実際に確定拠出年金を始めるまでは、「何それ?何かすごく難しそう…」と食わず嫌いしていました。 でも実は、確定拠出年金って仕組みはいたって単純で、それにとてもお得な制度なのです。 正直、加入しないのはもったいない!   そこで本記事では、確定拠出年金の「メリット」「デメリット」をサルでも分かるようにやさしく解説しています。   本記事を読めば、「確定 ...

ウェルスナビ 資産運用

【計算比較】WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料1%が「高い」は嘘【それどころか安い】

  ぶたくんウェルスナビの手数料って1%だけど、果たしてこれって高いの?それとも安いの? と悩んでいませんか?   ウェルスナビのように “ 長期 ” での投資が前提であれば、手数料はかなり重要です。 将来の投資成績を大きく左右すると言っても過言ではありません。   そこで本記事では、ウェルスナビの手数料が高いのか安いのかを明確にするために、次の2つの対象と手数料を比べてみました。 ウェルスナビ VS 他のロボアドバイザー ウェルスナビ VS ウェルスナビの投資対象銘柄に自ら ...

ウェルスナビ 資産運用

【取材敢行】ウェルスナビのDeTAX(デタックス)機能って何?どんな効果があるの?

  ぶたくんウェルスナビのデタックス機能って何?どんな効果があるの? と疑問に思っていませんか?   ウェルスナビに標準装備された機能 “ DeTAX(デタックス)” 聞きなれない単語で、私も正直最初は「何それ?」って感じでした。   公式サイトでは「税負担を自動で最適化する機能」と説明されていますが、実際にどの程度効果があるのかさっぱり分かりません。 そこで、思い切ってウェルスナビを運営する「ウェルスナビ株式会社」に直接取材してみました。 本記事では、その取材結果を公開して ...

仮想通貨 株式型クラウドファンディング 資産運用

【暴露】仮想通貨がオワコンな5つの決定的な理由【次に来る投機は〇〇です】

ぶたくん仮想通貨はもう果たして終わったのだろうか? 本記事ではこんな疑問にお答えします。   2017年12月にビットコインが200万円を超える値をつけてから、ビットコインをはじめとする仮想通貨は暴落の一途を辿っています。 果たして、この先仮想通貨の巻き返しはあるでしょうか?   結論から言います。 「仮想通貨はオワコン」です!   本記事では、そう断言できる理由を5つ紹介したいと思います。   「これから仮想通貨で投資(投機)してみようかな」 と考えているあなた。 ...

ウェルスナビ 投資信託 確定拠出年金(DC) 資産運用

【初心者向け】おすすめの投資法3選!株やFXはおすすめしない理由も紹介

ぶたくん初心者におすすめの投資法ってどんなものがあるんだろう? こんなふうに悩んでいませんか?   株、FX、金、不動産、先物取引、株式投資型クラウドファンディング…など、投資にはたくさんの種類があります。 これだけたくさんあると、一体どれが初心者向におすすめの投資法なのか全く分からないですよね   実は私にもあなたと全く同じ思いをした経験があります。 投資を始めようと思い立った2017年、思い立ったはいいものの一体どんな投資から手をつければいいのか分からなくて困った思いをしました。 ...

資産運用の記事はこちら






節約

格安スマホ 節約

【格安スマホ】どこを選んでいいか分からないならワイモバイル一択【安さと安定感を両立】

  ぶたくん格安スマホってどれを選べばいいか分からない。 それに、なんか手続きとか面倒くさそう… こんなふうに悩んでいませんか?   確かに格安スマホっていろんな会社がサービスを提供していて、どこを選べばいいのか分からないですし、手続きが面倒くさい印象がありますよね。 それに、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に比べ、サービスの品質や通話エリア、それに通信速度が劣らないか心配です…。   そこで本記事では、そんな「格安スマホ初心者」のあなたにぴったりの格安スマホを紹介 ...

節約

【実践済み】おすすめの節約法3つを紹介|固定費を下げることを最優先にすべし!

  ぶたくん全然貯金が貯まらない…そろそろ本気で節約でもしようと思うんだけど、何かおすすめの節約法知らない? こんなふうに悩んでいませんか?   「節約」と聞くと、我慢の生活を強いられるイメージが先行して、あまり気乗りしないですよね。 でも、実は節約ってそんなに難しいものではないのです。 むしろ上手に節約すれば、まったくストレスなくお金を貯めることができるのです。   そこで本記事では、節約が苦手な人でも必ず実行できるおすすめの節約法を3つ紹介します。   ストレス ...

節約の記事はこちら






“ 億りまっせ ” 運営者の運用資産総額

運用資産総額:約350万円

本サイト “ 億りまっせ ” 運営者の資産運用額を公開!投資先ごとの投資元本や評価資産、それに評価損益などを詳しく解説しています。毎月、副業で稼いだお金を投資に回し「資産1億円」を目指します。毎月情報を更新しているのでぜひチェックをお願いします。

詳しい解説記事はコチラ


スポンサードリンク

-ウェルスナビ, テオ, 資産運用

Copyright© 億りまっせ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.