仮想通貨 株式型クラウドファンディング 資産運用

【暴露】仮想通貨がオワコンな5つの決定的な理由【次に来る投機は〇〇です】

投稿日:

ぶたくん
仮想通貨はもう果たして終わったのだろうか?

本記事ではこんな疑問にお答えします。

 

2017年12月にビットコインが200万円を超える値をつけてから、ビットコインをはじめとする仮想通貨は暴落の一途を辿っています。

果たして、この先仮想通貨の巻き返しはあるでしょうか?

 

結論から言います。

仮想通貨はオワコン」です!

 

本記事では、そう断言できる理由を5つ紹介したいと思います。

 

「これから仮想通貨で投資(投機)してみようかな」

と考えているあなた。

 

悪いことは言いません。今さら仮想通貨はやめましょう。

その代わり、仮想通貨に代わるであろう “ 次世代の投機法 ” について記事の最後で紹介しています。

どうぞご覧ください。

 

 

仮想通貨がオワコンである5つの決定的な理由

仮想通貨がすでにオワコンである5つの決定的な理由を紹介します。

  • ボラティリティ(値幅)が小さい
  • 「売り」「買い」の指標がチャートと板のみ
  • GOXの危険性
  • 高すぎる税金
  • 仮想通貨の価格が相互に連動しすぎ

 

ボラティリティ(値動きの幅)が小さい

仮想通貨はボラティリティ(値動きの幅)が小さいです。

上のグラフは、2018年9月~2019年10月までのおよそ1年間のビットコインの値動きを示したもの(週足)です。

 

安い時で36万円、高い時で150万円です。

つまり、底値で買って天井で売っても4倍程度にしか増えません。

 

もともとビットコインの魅力はボラティリティの大きさにありました。

ビットコインが誕生した2009年頃はまだ1円にも満たなかったのが、9年後の2017年末には200万円を超えましたから、ビットコインを初期に手に入れた人にとっては、それはもう計り知れないほどの爆益をもたらしたことでしょう。

 

ぶたくん
10円で買っても2万倍、100円で買っても2,000倍、1,000円で買っても200倍だね。

 

しかし、今の値動きではよくて4倍程度の利益しか出ません。

4倍ぐらいなら株式取引でも十分狙えます。

 

「売り」「買い」の指標がチャートと板のみ

仮想通貨は株式取引と違って、「売り」と「買い」の指標がチャートと板しかありません

チャートは先ほどお見せしたような値動きをグラフにしたもので、板とはある価格帯での「売り」と「買い」の注文数を表すものです。

☟板☟

上の画像はビットコインの実際の「板」を示したもので、売値と買値、そしてそれぞれの価格に入った注文の数を知ることができます。

 

仮想通貨を取引する時には、この「板」と「チャート」の2つを手掛かりにするしかなくて、株式取引のように「ファンダメンタル」による分析ができません。

 

ぶたくん
ファンダメンタルって何?

 

ファンダメンタルとは、簡単に言うと「会社の財務状況や業績をもとにして企業の本質的な価値を分析する方法」です。

  • 自己資本比率
  • 流動比率
  • 手元流動性
  • キャッシュフロー
  • 売上高比率
  • ROE
  • ROA など

株式取引では、このような指標を判断材料に加えることで、売り買いの判断をするのに役立てます。

チャートと板だけで分析する仮想通貨よりも分析の精度が高くなります

 

一方で、仮想通貨は株式に比べ取引の判断がとても曖昧で「運」の要素が大きいです。

ですから、ギャンブルみたいなものですね。

 

GOX(ゴックス)の危険性

仮想通貨にはGOX(ゴックス)の危険性があります

GOXとは…

ハッキングによる不正アクセスなどによって、所有している仮想通貨を紛失してしまうことです。
Mt.Gox(マウントゴックス)という取引所がハッカーによる不正アクセスで大量のビットコインが盗まれた事件が語源となります。

 

日本でもCC(コインチェック)やZaifでGOXが起きて大きな話題になりました。

  • コインチェック…580億円
  • Zaif…67億円

どちらも巨額の資金に相当する仮想通貨を紛失し、取引所の信頼は失墜することに…。

当然、仮想通貨を預けていたユーザーは泣き寝入りするしかありません。

 

つまり、仮想通貨はいつ盗まれるか分からない危険な状態で管理されているということです。

そんなところに、あなたの大事な資産を預けたくないですよね。

 

それでも中には「ハードウォレットで管理しておけば大丈夫」なんて言う人もいます。

しかし、確かにそれで仮想通貨の流出を免れることはできるかもしれませんが、GOXが起きた後の仮想通貨下落によるダメージはモロに喰らいます

 

高すぎる税金

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

仮想通貨は、収入に応じて課税率がアップする「累進課税」です。

給与所得など他の収入と合算した額に応じて、上の表のとおり税率が決まります。

 

利益が4,000万円を超えたら税率はなんと45%じゃ
副業博士
ぶたくん
半分近くが税金として徴収されちゃうなんてつらい…

 

それに、特例がある場合を除き、仮想通貨は翌年以降に損失を繰り越すこともできません

 

ちなみに、株式取引は租税特別措置法によって特例的に税率が約20%に軽減される上に、損失を翌年以後3年間にわたって繰り越すことができます。

 

仮想通貨の価格が相互に連動しすぎ

上の図は、2019年10月23日22時頃の仮想通貨の価格を示しています。

上から時価総額の大きい順番に並んでいるのですが、1位~10位までの仮想通貨がすべて24時間変動比でマイナスになっています

つまり、仮想通貨の価格はほぼ相互に連動します。(というよりもビットコインに連動していると言った方が正しいかも)

 

ですから、リスクヘッジ(リスクに備えること)ができません

仮想通貨だけに資金を突っ込んでいたりしたら、一気に大損する可能性が高いです。

 

 

仮想通貨の次にくる投機は「株式投資型クラウドファンディング」

仮想通貨がすでにオワコンなのは、もう十分に分かっていただけたかと思います。

 

ぶたくん
なーんだ、じゃあもう仮想通貨で億り人なんて絶対無理だね…
まあ、そう気を落とすんでない。仮想通貨に代わる「次世代の投機法」を教えてわい!
副業博士
ぶたくん
次世代の投機法!?

 

近年、仮想通貨に代わる新しい投機として注目を浴びているのが、「株式投資型クラウドファンディング」と呼ばれるものです。

株式投資型クラウドファンディングとは、ひとことで言うと「未上場ベンチャー企業への投資」ができる仕組みのことです。

 

投資先のベンチャー企業がIPOやM&Aを果たせば、投資金額が数十倍、数百倍なんてこともありえるかもしれません。

アメリカではすでに日本に先行する形でベンチャー企業への投資が盛んに行われており、実際に「エンジェルリスト」で資金調達をした “ Cruise Automation ” という自動運転のスタートアップ企業が、1,000億円以上(1ドル=100円換算)でGeneral Motorsに買収されるといった成功事例もあります。

 

株式投資型クラウドファンディーノに関する詳しい内容は、こちらの記事「【投機好きにおすすめ】仮想通貨の次にくる投資「株式投資型クラウドファンディング」は超ハイリスク・ハイリターン!」にまとめていますので、どうぞご覧ください。

 

 

【暴露】仮想通貨がオワコンな5つの決定的な理由【次に来る投機は〇〇です】

以上、「【暴露】仮想通貨がオワコンな5つの決定的な理由【次に来る投機は〇〇です】」でした。

 

最後にもう一度内容をおさらいします。

  • ボラティリティ(値幅)が小さい
  • 「売り」「買い」の指標がチャートと板のみ
  • GOXの危険性
  • 高すぎる税金
  • 仮想通貨の価格が相互に連動しすぎ

以上5つの理由より、今から仮想通貨を始めることはおすすめできません。

 

もう仮想通貨の波は完全に過去のものです。

投機で一発当てるなら “ 次の波 ” を予測して、しっかりとその波に乗ることが大切です。

そのためにも、株式投資型クラウドファンディングはぜひチェックしてみてください。

 

副業

BASE(ベイス)

【対策法】BASEで住所や名前などの個人情報を晒すのは危険?【バーチャルオフィスを使えば安心】

  ぶたくんBASEって個人情報がモロにばれるけど大丈夫なのかな?危険な目に遭ったりしない? とお悩みのあなた。   BASEに限らずネットショップを開く場合には、特定商取引法に基づいて名前や住所などの個人情報を開示しなければなりません。 自宅で作業をしている場合、自宅の情報を登録しなければならないので、ちょっと抵抗感がありますよね。 女性の一人暮らしなんかだと、特に不安です。   そこで、本記事では BASEに個人情報を登録するのって危ないの? 個人情報を登録しなくても済む ...

STORES.jp

【初心者向け】STORES.jpとは?「フリープランorスタンダードプラン」おすすめはどっち?

  ぶたくんネットショップを「STORES」で開いてみたいんだけど実際のとこどうなの?初心者でもできるのかなあ? こんなふうにお悩みのあなた。   インターネットが普及し、個人でも簡単にネットショップが開けるようになりました。 しかし、初めてネットショップを開設する初心者にとっては、当然不安もあるでしょう。   そこで本記事では、STORES.jpについて初心者でも分かるように、やさしく丁寧に解説しています。 本記事を読み終えるころには、あなたが不安に思っていることもきっと解 ...

アフィリエイト

【要注意】アフィリエイト商品(案件)の選び方|間違えると悲惨な目に【案件公開】

  ぶたくんアフィリエイトで商品(案件)の選び方がよく分からない… こういう悩みをお持ちのアフィリエイト初心者はきっと多いはず。   私もアフィリエイトを始めた当初、何を基準に商品選びをすればいいのか分からずに、自分のブログに関連性がある広告を適当に貼っていました。 当時は、承認率とかまったく気にしていません。   その時のツケでしょうか。 先日、下記のようなツイートをしましたが、ある案件で全非承認くらっています。 アフィリエイトにおいて商標選びがいかに大切かということを証明 ...

アフィリエイト

【サイト公開】無料ブログのみのブラックSEOで月2万円稼ぐ方法

  ぶたくんアフィリエイトでブラックSEO(自演リンクSEO)に取り組みたいんだけど、IP分散サーバーとか中古ドメインとかコストがかかってハードルが高いからうかつには手を出せない… それなら無料ブログだけでブラックSEOに取り組んでみたらどうじゃ?副業博士 「ブラックSEOにぜひ自分も取り組んでみたい!」と思っているあなた。 確かにIP分散サーバーや中古ドメインを使ったリンクSEOは順位が付くのが早く、かつ順位が上がりやすいのが特徴です。 しかし、その反面なかなか簡単に手をつけることが出来ないの ...

Uber Eats(ウーバーイーツ)

【2019最新】ウーバーイーツ埼玉について解説【配達パートナー向けキャンペーン情報も紹介】

  ぶたくん埼玉でもついにウーバーイーツのサービスが始まったらしいね! そうなんじゃよ。おぬし意外と情報通じゃのぉ副業博士   2018年9月26日より、埼玉でもUber Eats(ウーバーイーツ)がサービスを開始しました。 日本では7番目のサービス提供都市になります。   2016年からお隣の東京でサービスがスタートしたウーバーイーツですが、やっと埼玉でもサービスが始まったかと待ちかねた人も多くいることでしょう。 そこで本記事では、埼玉で始まったウーバーイーツについて分かり ...

副業の記事はこちら

       

資産運用

確定拠出年金(DC) 資産運用

【サルでも分かる】確定拠出年金のメリットとデメリットをやさしく解説

  ぶたくん確定拠出年金(DC)ってどんなメリットやデメリットがあるの?全然分からない… と悩んでいませんか?   私も実際に確定拠出年金を始めるまでは、「何それ?何かすごく難しそう…」と食わず嫌いしていました。 でも実は、確定拠出年金って仕組みはいたって単純で、それにとてもお得な制度なのです。 正直、加入しないのはもったいない!   そこで本記事では、確定拠出年金の「メリット」「デメリット」をサルでも分かるようにやさしく解説しています。   本記事を読めば、「確定 ...

ウェルスナビ 資産運用

【計算比較】WealthNavi(ウェルスナビ)の手数料1%が「高い」は嘘【それどころか安い】

  ぶたくんウェルスナビの手数料って1%だけど、果たしてこれって高いの?それとも安いの? と悩んでいませんか?   ウェルスナビのように “ 長期 ” での投資が前提であれば、手数料はかなり重要です。 将来の投資成績を大きく左右すると言っても過言ではありません。   そこで本記事では、ウェルスナビの手数料が高いのか安いのかを明確にするために、次の2つの対象と手数料を比べてみました。 ウェルスナビ VS 他のロボアドバイザー ウェルスナビ VS ウェルスナビの投資対象銘柄に自ら ...

ウェルスナビ 資産運用

【取材敢行】ウェルスナビのDeTAX(デタックス)機能って何?どんな効果があるの?

  ぶたくんウェルスナビのデタックス機能って何?どんな効果があるの? と疑問に思っていませんか?   ウェルスナビに標準装備された機能 “ DeTAX(デタックス)” 聞きなれない単語で、私も正直最初は「何それ?」って感じでした。   公式サイトでは「税負担を自動で最適化する機能」と説明されていますが、実際にどの程度効果があるのかさっぱり分かりません。 そこで、思い切ってウェルスナビを運営する「ウェルスナビ株式会社」に直接取材してみました。 本記事では、その取材結果を公開して ...

仮想通貨 株式型クラウドファンディング 資産運用

【暴露】仮想通貨がオワコンな5つの決定的な理由【次に来る投機は〇〇です】

ぶたくん仮想通貨はもう果たして終わったのだろうか? 本記事ではこんな疑問にお答えします。   2017年12月にビットコインが200万円を超える値をつけてから、ビットコインをはじめとする仮想通貨は暴落の一途を辿っています。 果たして、この先仮想通貨の巻き返しはあるでしょうか?   結論から言います。 「仮想通貨はオワコン」です!   本記事では、そう断言できる理由を5つ紹介したいと思います。   「これから仮想通貨で投資(投機)してみようかな」 と考えているあなた。 ...

ウェルスナビ 投資信託 確定拠出年金(DC) 資産運用

【初心者向け】おすすめの投資法3選!株やFXはおすすめしない理由も紹介

ぶたくん初心者におすすめの投資法ってどんなものがあるんだろう? こんなふうに悩んでいませんか?   株、FX、金、不動産、先物取引、株式投資型クラウドファンディング…など、投資にはたくさんの種類があります。 これだけたくさんあると、一体どれが初心者向におすすめの投資法なのか全く分からないですよね   実は私にもあなたと全く同じ思いをした経験があります。 投資を始めようと思い立った2017年、思い立ったはいいものの一体どんな投資から手をつければいいのか分からなくて困った思いをしました。 ...

資産運用の記事はこちら

       

節約

格安スマホ 節約

【格安スマホ】どこを選んでいいか分からないならワイモバイル一択【安さと安定感を両立】

  ぶたくん格安スマホってどれを選べばいいか分からない。 それに、なんか手続きとか面倒くさそう… こんなふうに悩んでいませんか?   確かに格安スマホっていろんな会社がサービスを提供していて、どこを選べばいいのか分からないですし、手続きが面倒くさい印象がありますよね。 それに、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)に比べ、サービスの品質や通話エリア、それに通信速度が劣らないか心配です…。   そこで本記事では、そんな「格安スマホ初心者」のあなたにぴったりの格安スマホを紹介 ...

節約

【実践済み】おすすめの節約法3つを紹介|固定費を下げることを最優先にすべし!

  ぶたくん全然貯金が貯まらない…そろそろ本気で節約でもしようと思うんだけど、何かおすすめの節約法知らない? こんなふうに悩んでいませんか?   「節約」と聞くと、我慢の生活を強いられるイメージが先行して、あまり気乗りしないですよね。 でも、実は節約ってそんなに難しいものではないのです。 むしろ上手に節約すれば、まったくストレスなくお金を貯めることができるのです。   そこで本記事では、節約が苦手な人でも必ず実行できるおすすめの節約法を3つ紹介します。   ストレス ...

節約の記事はこちら

   
スポンサードリンク

-仮想通貨, 株式型クラウドファンディング, 資産運用

Copyright© 億りまっせ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.