お金のこと 副業

【検証】サラリーマンでも金融資産1億円は可能?シミュレーションしてみた!

ぶたくん
サラリーマンでも1億円貯めることはできるかな?できるとすればどのくらいのペースでお金を貯めればいいんだろう?

こんな風に思ってこの記事にたどり着いたあなた。

 

まさにあなたと私は同志です

なぜなら私もサラリーマンをしながら本気で資産1億円を目指しているから。

 

ただし、1億円を目指していると言っても、私の場合具体的に計画を立ててその計画に基づいて行動をしているわけではありません。

 

いつか億り人になってやるぞ!

 

ぐらいの無計画さです。。。

 

これじゃダメだと思い、実際に1億円の金融資産を手にするためにはどんなペースで資産を構築していけばいいのか、一度しっかりとシミュレーションしなければ!という思いでこの記事を書いています。

 

あくまで私の「ROAD TO 1億円」のための計画書みたいにはなっていますが、本記事を読めば、あなたにも普通のサラリーマンが1億円の資産を構築するための具体的な道筋がきっと見えるはずです。

同じ同志として、温かい目でどうぞ一度ご覧ください!

 

 

普通のサラリーマンである私のスペック

まずは、私のスペック(「年齢」「家族構成」「収入」「金融資産」など)について紹介します。

前提条件を明確にしないと、シミュレーションできんからのぉ
マネー博士
  • 年齢/35才
  • 家族構成/4人(妻、子ども2人)
  • 年収/600万円~650万円
  • 金融資産/1,000万円
  • 住居/社宅(持ち家なし)

 

ちなみに妻は専業主婦なので、「私の年収=世帯収入」です。

 

厚生労働省の調査によると、児童のいる世帯の平均年収(2017年)は743.6万円なので、我が家の世帯収入は決して高くない水準です。

 

なお、金融資産については金融広報中央委員会の調査によると、30代の2人以上世帯の平均金融資産は640万円となっています。

ですから、保有資産に関して言えば、我が家は平均より350万円程度高いことになります。

 

世帯年収が平均を下回っているにもかかわらず、金融資産が平均より上回っているのは下の記事で書いていることをただひたすらに実践してきたからです。

ぶたくん
ぜひ読んでみてね!

 

こちらの記事も読まれています

【うつ病歴10年】こんな僕でも1000万円を貯めることができた6つのコツをブログで紹介

続きを見る

 

金融資産1億円まではあと9,000万円…

現在の保有資産が1,000万円なので、1億円に達するまではあと9,000万円が必要です。

ぶたくん
ちょっと厳しくない?

 

はい、おっしゃる通りちょっとどころかかなり厳しいです。

 

60歳で定年退職するとして、残りあと25年…。

25年で9,000万円となると、単純に1年で360万円貯めなければならない計算です

 

年収が600~650万円なので、税金や社会保険料など諸々差し引かれると、おそらく手取り額は400万円~450万程度のはず。

 

そのうち360万円を貯蓄に回せるかと問われれば、絶対無理

 

年齢が上がるにつれて給料が上がることを踏まえても、年間360万円の貯蓄は普通に無理です。

 

 

今のまペースでいくと定年を迎える60歳で金融資産はどれくらい?

では、今の貯蓄ペースで60歳を迎えた場合、どの程度の資産が貯まるのかシミュレーションしてみました。

 

現在の貯蓄ペースは以下のとおりです。

【毎月】

  • 定期預金/21,000円
  • 確定拠出年金/27,500円
  • ロボアドバイザー/10,000円
  • 自社株/30,000円

【ボーナス(2回分)】

  • 定期預金/260,000円
  • 自社株/140,000円

定期預金だけでなく資産運用も積極的にしています。

毎月の貯蓄額の合計額は「88,500円」で、ボーナスは「400,000円」です。

 

つまり、年間で「1,462,000円」を貯蓄に回していることが分かります。

 

単純に1,462,000円を25年間継続して積み立てた場合

定年退職までの期間「25年間」を単純に掛け算すると、

1,462,000円×25年=36,550,000円

退職時に約3,600万円貯まることが分かります。

 

現在の保有資産1,000万円と合計すると4,600万円になるものの、1億円にはあと5,400万円も足りません

ぶたくん
…全然だめだね

 

資産運用額分が年利3%で運用できたと仮定した場合

先ほどは年間の貯蓄額を単純に「×25倍」しましたが、実際には資産運用しているお金については増減を繰り返して変動しています。

 

そこで、今度は定期預金と資産運用のお金を別々に切り分けて計算してみることにします。

 

メモ

定期預金分は金利0%、資産運用分のお金は年利3%で運用できた場合の金額を計算してみます。

 

定期預金

まずは定期預金の金額から計算していきましょう。

 

毎月の定期預金額は21,000円なので年間では、

21,000円×12ヶ月=252,000円

になります。

 

それにボーナスの26万円を合計すると、

252,000円+260,000円=512,000円

1年間で512,000円貯まります

 

これを25年間続けると、

512,000円×25年=12,800,000円

25年間で1,280万円貯まることが分かります

 

ぶたくん
定期預金だけで1,280万円貯まるんだね。じゃあ資産運用しているお金はどうなるんだろう?

 

資産運用

では続いて、資産運用しているお金の計算をしていきましょう。

 

年利3%で運用できた場合じゃったな!
マネー博士

 

仮に年利3%で資産が増えていくことを想定し、25年後に資産運用額がいくらになるかシミュレーションします。

 

現在は毎月の給与から「67,500円」、そしてボーナスから「140,000円」を資産運用に投じているので、1年間で95万円を資産運用に充てていることになります

 

95万円を年利3%で25年間運用した時のシミュレーションが以下のグラフです。

参照:金融庁公式サイト

年利3%で運用できた場合、最終積立金額は「35,308,655円」になることが分かりますね。

 

これに現在保有している1,000万円と、25年間分の定期預金額1,280万円を合計するので「58,108,655」円になります。

 

つまり、単純に「×25倍」した時より保有資産額が1,200万円ほど増えるんですね

 

ぶたくん
すごい!たった年利3%で運用しただけでこれだけ違うんだね!

 

資産運用にお金を投じることで、貯金するより資産を増やす可能性はぐっと高まります。

しかし、目標の1億円にはまだまだ遠い。。。

 

年利何%で運用すれば1億円に達するのか?

現在の金融資産1,000万円、貯金額が25年間で1,280万円なので、資産が1億円になるには

1億円ー(1,000万円+1,280万円)=7,720万円

 

ぶたくん
資産運用分が7,720万円になればいいってことだね!

 

25年間で7,720万円にするには年利何%で運用すればいいのかシミュレーションしてみました。

シミュレーションの結果、利回り8.154%で1億円達成できることが分かります。

8.154%!?そんなの無理じゃろw
マネー博士

 

確かに利回り8%以上を25年以上継続するのはまず不可能に近いでしょう。

現実的じゃないですね。。。

 

では、どうすればいいのか?

私には投資元本を増やすことしか思い浮かびません。

 

定期貯金をやめて全額資産運用に回したら利回り何%で1億に達するか?

現在定期預金で積み立てている毎月「21,000円」と、ボーナスの「260,000円」を全額資産運用に回したらどうなるのかシミュレーションしてみます。

ぶたくん
つまり、1年間で「1,462,000円」を投資に回すことになるよ!

シミュレーションの結果、年利5.413%で資産1億円を達成できることが分かります。

先ほどよりは少しは現実的な数値になったのではないでしょうか。

 

それにしても5%超えでも、ちと厳しいんではないかのぉ。。。
マネー博士

 

やはり達成可能性に現実味のある「利回り3%」ぐらいで1億円達成する計画を立てたいです

となると投資元本をさらに増やすしかない。

 

利回り3%で1億円達成するためには投資元本がいくら必要?

利回り3%で1億円を達成するには、シミュレーションの結果、毎月「173,091円」を積み立てなければいけないことが分かります。

年間にすると「2,077.092円」。

いけなくもないけど、かなり厳しい数字です。。。

 

具体的な積み立てをイメージすると、毎月「10万円」、ボーナスで「80万円」といったところでしょうか。

やはりけっこうきついですねw

 

【結論】普通のサラリーマンに金融資産1億円は達成できるのか?

今回いろいろシミュレーションしてみて分かったことは、

達成不可能ではないけど道のりは険しい

ということ。

 

なぜなら、年間200万円を貯蓄に回すこと自体がまずハードルが高いです。

それに、200万円すべてを資産運用に回すのは当然リスクもありますし(コロナショックで経験済み)、そもそも今回のシミュレーションでは子ども2人の教育費や住宅購入費などは織り込んでいません。

 

その辺りを考慮すると、やはり今まで以上に収入を増やすことと支出を抑えることにもっとストイックに取り組んでいく必要がありそうです

 

収入を増やす方法については、

  • 転職
  • 昇進
  • 残業
  • 副業

などいろいろありますが、現在、私は「副業」に一番力を入れています。

 

なぜなら、副業だと自分の力で稼ぐ体験ができるうえに、本業とは違うスキルを身につけることができるからです

(ただし、副業で稼ぐのは簡単なことではありませんが。。。)

 

ちなみに私が取り組んでいる副業は「ブログ」です。

2018年2月から始めてその年は1年間で8万円ぐらいしか稼げませんでしたが、2019年は大幅アップで60万円ほど稼ぐことができました

 

ぶたくん
ボーナス1回分ぐらいを副業で稼げたよ!

 

というわけで、当面の課題は「収入アップ」ということが分かりましたので、今まで以上に本業と副業に力を入れていく必要がありそうです。

(本音を言うと妻に働いてもらうのが一番手っ取り早いんですがねw)

 

なお、このブログでは私が資産1億円達成するまでの備忘録として、毎月の資産状況の推移を公開しています。

ぜひ、こちらの記事もあわせてご覧ください。

 

 

こちらの記事も読まれています

 

スポンサードリンク

-お金のこと, 副業

Copyright© うつLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.