クラウドワークス

【確定申告】クラウドワークスでネット副業すると会社にばれる?【サラリーマン必見】

更新日:




 

ぶたくん
ねえ、博士! 先日、クラウドワークスで初めて報酬もらったんだけど、これって確定申告する必要あるの?
なんじゃ、そんなことも知らんかったんかい!? おぬしもサラリーマンならそのくらいは知っておかねば。
副業博士

 

ぶたくん
(…僕、サラリーマンではないんだけどな)
しょうがないのぉ、では今回はサラリーマンの確定申告について解説していくぞい
副業博士

本記事では、クラウドワークスで収入を得た場合に確定申告が必要なのかどうか、そして確定申告をした場合に会社にバレないのかどうかについて解説していきたいと思います。

すでにクラウドワークスでネット副業を始めている方も、これから始めようと思っている方も必ず知っておくべき内容ですから、最後までご覧ください。

 

 

サラリーマンで確定申告が必要なケース

サラリーマン(=給与所得者)で、下のいずれかに1つでも該当する人は確定申告が必要です。

1 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人
2 1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
3 2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人
(注) 給与所得の収入金額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。

4 同族会社の役員などで、その同族会社から貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている人
5 災害減免法により源泉徴収の猶予などを受けている人
6 源泉徴収義務のない者から給与等の支払を受けている人
7 退職所得について正規の方法で税額を計算した場合に、その税額が源泉徴収された金額よりも多くなる人
(注) 給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額には、次の所得は入りません。

1 上場株式等の配当等や非上場株式の少額配当等で確定申告をしないことを選択したもの
2 特定口座の源泉徴収選択口座内の上場株式等の譲渡による所得で、確定申告をしないことを選択したもの
3 特定公社債の利子で確定申告をしないことを選択したもの
4 源泉分離課税とされる預貯金や一般公社債等の利子等
5 源泉分離課税とされる抵当証券などの金融類似商品の収益
6 源泉分離課税とされる一時払養老保険の差益(保険期間等が5年以下のもの及び保険期間等が5年超で5年以内に解約されたもの)

国税庁HPより引用

 

ぶたくん
ちょっと項目多すぎない?汗

確かにたくさんありすぎて確認するだけでも大変ですが、ほとんどのサラリーマンにとって該当するであろう項目はたったの1つです。

1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人

年間を通じて所得が20万円を超える場合には確定申告が必要なんじゃ
副業博士

ちなみに、ここで言う「所得」とは収入から経費を引いたものです。

例えば、クラウドワークスで得た収入が25万円で、ネット副業のために10万円のパソコンを購入した場合、所得は15万円(25万円ー10万円)となります。

この場合は、所得が20万円を下回っているので確定申告が不要ということになります。

ぶたくん
なるほど、すごくシンプルだね
ただし、実際には他にも該当する項目があるかもしれんから、すべてきちんと確認しておくんじゃぞ
副業博士

例えば、1つめの項目の「給与の年間収入金額が2,000万円を超える人」は副収入があろうとなかろうと確定申告が必要です。

ですから、念のためご自身に該当する項目がないかすべて目は通しておいてくださいね。

 

確定申告数すると会社にネット副業がバレる?

結論から言うと、住民税を「自分で納付」すれば会社にバレることを防げます。

どいうことか詳しく説明していきますね。

 

まず、住民税は所得によって金額が決まります。

ざっくり所得ごとの金額が下の表のとおりだとします。(金額は適当です)

年収 住民税
500万円 20万円
600万円 30万円

例えば、あなたの年収(会社からの給与)が500万円の場合、住民税は20万円です。

しかし、クラウドワークスで仮に100万円の所得を得ているとすると、年収が600万円(500万円+100万円)になるので住民税が30万円になります。

すると、会社の給与担当は、

「あれ?この人の年収は500万円なのに、600万円分の住民税を支払ってる。もしや…」

となり、副業がバレるわけですね。

 

では、住民税から会社にバレないためにはどうするか?

冒頭でも述べたとおり、ネット副業で稼いだ分の住民税を自分で直接支払さえすれば会社にバレることを防げます。

 

実は、確定申告をする際、住民税の徴収方法は次の2つのうちどちらかから選択できます。

  1. 給与から差引き
  2. 自分で納付

「給与から差引き」を選択すると、先ほど説明したように会社の給与担当者にバレバレになるわけです。

しかし、自分で納付してしまえば会社にその情報が伝わることはありません。

下の画像は、実際の確定申告に用いる申告書の一部です。

画像出典:確定申告書様式

ぶたくん
ほんとだ!住民税の徴収方法が選択できるようになってるね
会社にばれたくない場合は、自分で納付にチェックを入れるんじゃ
副業博士

 

 

確定申告が不要でも住民税の申請は必要となるケースがある

所得の合計額が20万円を下回る場合でも、所得が1円でも発生していれば原則として住民税の申告は必要です。

ぶたくん
ん?どういうこと?
具体例を挙げて説明しようかの
副業博士

※確定申告が必要な項目「所得合計が20万円を超える人」にしか該当しないサラリーマンを想定

【スタディケース1】

  • クラウドワークスで15万円の収入を得た
  • 経費は5万円

この場合、所得は10万円(15万円ー5万円)です。

先ほど説明したように、所得が20万円を下回っていますので確定申告は不要です。

ただし、あくまで申告不要なのは所得税の話であって、住民税の申告はしなければなりません。

参考までに、福岡県福岡市HPの「市民税・県民税(住民税)の申告が必要な方」というページを見てみると、次のように書かれています。

給与所得者で次に該当する方

(1)勤務先から給与支払報告書が提出されていない方
(2)給与所得以外の所得(営業等、農業、不動産、配当、雑など)があった方
(3)日給等で働いている方
(4)平成29年の中途で退職し、再就職されていない方
(5)医療費控除などを受けられる方

「給与所得以外の所得(営業等、農業、不動産、配当、雑など)があった方」は住民税の申告が必要となっており、金額の下限は設定されていません。

つまり、1円でも給与以外の所得が発生すると住民税の申告は必要ということになるんです。

ぶたくん
へ~、知らなかったな
これを意外とみんな知らないんじゃ。確定申告ばかりに目が行って、住民税を見過ごすんじゃ
副業博士

実際、確定申告に関するさまざまなサイトを訪問してみると分かりますが、「20万円以下=確定申告不要=何もしなくていいよ~」みたいに書いてあるサイトが驚くほどあります。

これは、完全な説明不足で実際には住民税の申告が必要だと言うことを覚えておいてください。

先日、ツイッターでも税理士の方が同じようなことを仰っていたので紹介しておきます。

 

まとめ

もし、クラウドワークスでの所得が20万円を超えるようであれば、確定申告は必ず行いましょう。

そして、会社にバレたくないのであれば、確定申告をする際に住民税の徴収方法は「自分で納付する」を選んでくださいね。

 

クラウドワークスの稼ぎ方(仕事の始め方)や口コミ・評判に関しては、こちらの記事をどうぞ。

【初心者向け】クラウドワークスの稼ぎ方を画像を使ってイチから解説!評判や口コミについても紹介【ネット副業】

【初心者向け】クラウドワークスの稼ぎ方を画像を使ってイチから解説!評判や口コミについても紹介【ネット副業】

  ぶたくんクラウドワークスで仕事をしてみたいけど、登録の仕方とか実際の仕事の進め方が分からなくてなかなか始めることができないよ では、わしがクラウドワークスについて初心者でも分かるように簡 ...

続きを見る

 

サラリーマンにおすすめのネット副業ランキングが見たい方は、こちらの記事をどうぞ。

【2018年最新版】サラリーマンにおすすめのネット副業5選!

no image
【2018年最新版】サラリーマンにおすすめのネット副業5選!

クラウドワークス 未経験者向け案件も多く、ネット副業の第一歩として最適です。自分のタイムスケジュールに合わせて希望する仕事を選ぶことができますので、本業に差し支えることもありません。忙しいサラリーマン ...

続きを見る

 

 

 

-クラウドワークス

Copyright© はじめましてネット副業 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.