ウェルスナビ 資産運用

【超初心者向け】WealthNavi(ウェルスナビ)とは?【意味・仕組みを簡単に解説】

更新日:

 

ぶたくん
WealthNavi(ウェルスナビ)って一体何?意味や仕組み、それにメリット・デメリットを知りたいな

本記事ではこのような疑問にお答えします。

 

ウェルスナビでの投資を始めて1年以上経つ私が、ウェルスナビについて “ 超 ” がつく初心者でも分かるように、簡単に分かりやすく説明しています。

本記事を読んでいただければ、すぐにでもウェルスナビで資産運用を始めることができるようになりますよ。

どうぞご覧ください。

 

 

WealthNavi(ウェルスナビ)とは?意味と仕組みを解説

ウェルスナビとは、ウェルスナビ株式会社が運用する『預かり資産・運用者数・リターンNo.1のロボアドバイザー』です。

ロボアドバイザーとはAIが自動で資産運用する仕組みのことで、ウェルスナビ以外にも以下のようなボアドバイザーがあります。

  • THEO
  • 楽ラップ
  • マネラップ
  • クロエ
  • ダイワファンドラップオンライン
  • 投信工房
  • マネックスアドバイザー

 

ウェルスナビの仕組み解説図

画像の通り、お金をロボット(AI)に預けるとロボットがあなたに代わって自動で資産運用してくれます。

入金さえしてしまえばあとはロボが完全自動で資産運用を行うので、「仕事で忙しい人」や「投資初心者」にぴったりな投資方法です。

 

ウェルスナビの基本情報

運営会社 ウェルスナビ株式会社
利用者数 15万人以上
預かり資産 1600億円以上
手数料 1%
口座開設・維持費用 無料

 

ウェルスナビは、2016年7月にサービスを開始しました。

預かり資産のシェアはロボアドバイザーの中でも断トツの1位(58%)で、提携パートナーも10社までに拡大しています。

 

まさにロボアドバイザー界のパイオニア的存在なわけじゃな
副業博士

 

 

ウェルスナビならではの特徴

ウェルスナビならではの特徴は、以下のとおりです。

  • ノーベル賞受賞者の理論がベース
  • 自動税金最適化(デタックス)機能つき

この2つの特徴は他のロボアドバイザーには備わっていません。

これこそがまさに、ウェルスナビが他を寄せ付けない圧倒的なシェアを獲得している要因です。

 

 

WealthNavi(ウェルスナビ)のメリットとデメリット

ウェルスナビのメリット、デメリットの両方を紹介します。

 

ウェルスナビのメリット

まずは、ウェルスナビのメリットからです。

メリット

  • 自動でポートフォリオを組んでくれる(運用商品を自動で選択)
  • 自動でリバランスしてくれる
  • 手数料は分かりやすく1%
  • インデックス(パッシブ)投資でリスクを分散
  • スマホ1台あればできる

ポートフォリオとかリバランスとか聞きなれないワードが出てきましたね。

分からなければそんなに気にしなくてよくて、要は「面倒くさいことは全てウェルスナビが自動でやってくれる」ということです。

 

とにかく、あなた自身でしなければならないことは、「口座開設」と「入金手続」、この2つだけです。

それ以外はウェルスナビに全部任せておけばOKです。

ぶたくん
だから「投資初心者」や「忙しい人」にぴったりなんだね!

 

口座を開設しなくても、資産運用のシミュレーション(無料診断)をすることができるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

1分程度でできますよ。

   ⇒ウェルスナビで無料診断してみる

 

ウェルスナビのデメリット

続いてデメリットを紹介します。

ポイント

  • 最低初期投資資金として10万円が必要
  • 元本が割れる(資産が減る)可能性もある

ウェルスナビは10万円から資産運用スタートなので、最初に10万円を用意できない人には利用することができません。

それと、資産運用なのでもちろん資産が減るリスクもあります。

銀行のように預けたお金が絶対に減らないという保証は無いので、超保守的な考えの方には向きません。

 

ただし、ウェルスナビで過去25年間資産運用をしていたらというシミュレーションをすると、

  • 1年あたりのリターンは+6%
  • 過去25年間のリターンは+146%

という結果が出ています。

 

過去25年間というと、「リーマンショック」や「チャイナショック」など、株価の大暴落が起きた期間も含まれています。

それでもなお運用成績がプラスということは、長期で運用した場合、資産がマイナスになる可能性はほとんど無いに等しいということが言えます。

 

 

ウェルスナビの始め方(口座開設・入金手続・自動積立設定のたった3ステップ)

ウェルスナビの始め方はいたって簡単です。

たったの3ステップ。

step
1
口座開設

step
2
入金手続

step
3
自動積立設定

 

ステップ1 口座開設

まずは口座開設ですが、口座開設には次の3つさえあればできます。

  • メールアドレス(フリーメール可)
  • 口座
  • 本人確認書類

とても簡単なので、おそらく慣れない人でも10分もかからないと思います。

 

ステップ2 入金手続

口座開設が完了したら、次にするのは入金です。

入金方法は次の2つです。

  • クイック入金(振込手数料無料)
  • 通常振込(振込手数料はお客負担)

通常振込であれば入金はどこの金融機関からでもできますが、手数料がかかってしまいますのでおすすめしません。

 

一方、クイック入金であれば振込手数料は無料です。

ただし、クイック入金できる金融機関は次の7つに限られています。

  • 三井住友銀行
  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ソニー銀行
  • イオン銀行
  • じぶん銀行

もし上の7つの口座を持っていなければ、これを機会につくっておくと便利です。

 

ステップ3 自動積立設定

最後にするのが自動積立の設定です。

一度設定しておけば、毎月一定額を自動で積み立ててくれるので便利です。

それに途中で積立額を変更したり、積立を休止することもできます。

 

ただし、無理やり自動積立する必要はないからのぉ。したい人だけ利用すれば良いぞい
副業博士

 

ウェルスナビの詳しい始め方は、下の記事にまとめています。

画像付きで紹介していますので、初心者の方でも分かります。

 

 

【超初心者向け】WealthNavi(ウェルスナビ)とは?【意味・仕組みを簡単に解説】|まとめ

以上、「【超初心者向け】WealthNavi(ウェルスナビ)とは?【意味・仕組みを簡単に解説】」でした。

 

ウェルスナビなら複雑な投資理論や、個々の投資商品に関する詳しい知識は必要ありません。

AIが完全自動で24時間365日あなたの代わりに資産を運用してくれます。

 

ですから、投資初心者や忙しく働くビジネスパーソンにはぴったりの資産運用方法です。

まずは、口座開設の前に無料診断からやってみることをおすすめします。

 

 

スポンサードリンク

-ウェルスナビ, 資産運用

Copyright© はじめましてネット副業 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.