お金のこと 資産運用

【財テク】「貯金」にはリスクがあるって本当?【結論→インフレに耐えられません】

ぶたくん貯金してる?
ぶたくん
当然してるよ!
偉いね。じゃあ、貯金には「リスク」があることは知ってる?
ぶたくん
!!?知らないよ。貯金にリスクなんてないでしょ!?

 

銀行にお金を預けておけば100%安心!だなんて思っていませんか。

 

実は、貯金にも「リスク」はあるのです

 

そして、そのリスクについて知らないと、今後お金のことで損する可能性はです。

 

そこで、本記事では「貯金のリスク」について紹介していこうと思います。

 

3分程度で読めるので、ぜひ一度ご覧ください。

 

 

「貯金」にリスクがあるって本当?

あなたは銀行にお金を預けておく、いわゆる「貯金」のリスクはゼロだと思っていませんか。

 

確かに、元本が保証されるという意味では、お金が減ることはないのでリスクはないのかもしれません。

 

ところが、実は貯金にもリスクはあるのです。

 

ぶたくん
マジで?
まじで!

 

貯金はインフレのリスクに耐えられない

「インフレ」とは、モノの値段が上がることです。

 

モノの値段が上がるということは、相対的に貨幣価値が下がります

 

もう少し分かりやすく例をあげて説明するね

 

例えば、リンゴの値段が1個100円だとします。

ところがインフレが起こり、リンゴの値段が1個120円になりました。

 

すると、同じリンゴを買うのに1.2倍のお金を支払わなければいけません。

つまり、それは1円あたりの価値が「0.83倍(=1/1.2)」に下がったということを意味します。

 

ですから、もしあなたが100万円貯金していたとしても、実質的な価値としては83万円にしかならないということになりますね。

 

これが “ 貯金の持つリスク ” です。

 

つまり、あなたがノーリスクだと思って銀行に預けているお金は、実はリスクを抱えているということが分かります。

 

 

貯金がだめなら、じゃあどうすればいいの?

貯金のリスクについては理解していただけたかと思います。

 

では、インフレのリスクを回避するにはどうすればいいのか。答えはシンプルです。

 

それは「お金を増やす」こと。

 

お金を増やす方法もいろいろとありますが、僕がおすすめするするのは「資産運用」。

 

「資産運用」と聞くと、それだけでアレルギー反応を示す人も多いですが、実はそんなにリスキーなものではありません。

 

それどころか、「国」が個人の投資を後押しするために、

  • 確定拠出年金
  • NISA
  • ジュニアNISA
  • 積立NISA

など、税制面で優遇される資産運用制度を次々と導入しています。

 

つまり、もうすでに資産運用が必要な時代に突入しているってことなんだよ

 

資産運用にもいろいろと種類がありますが、僕は以下をおすすめします。

おすすめの資産運用

  • 確定拠出年金(DC)
  • 積立NISA
  • ロボアド
  • 貯株

 

確定拠出年金(DC)とは?

一般に「iDeCo(イデコ)」と呼ばれるもので、あなたもCMなどで一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

老後資金を目的とした積立制度で、税制面でかなり優遇されます

 

確定拠出年金に関する詳しいことは、こちらの記事でも紹介しています。

【サルでも分かる】確定拠出年金のメリットとデメリットをやさしく解説

続きを見る

 

僕も実際に加入しているのですが、現在、300万円程度を積み立てていて、運用益は30万円を超えています。

 

このまま順調に積み立てていけば、定年を迎える60歳の頃には2,000万円ぐらい貯まる計算です。

 

▼シミュレーション結果▼

 

積み立てNISA

「積立NISA」とは、少額からの長期積立を目的とした資産運用で、最長20年間は非課税対象期間となります

 

ぶたくん
どゆこと?
通常は資産運用の利益に対して20%が課税されるんだけど、NISAで得た利益には税金がかからないんだよ

 

例えば、NISAで20年間資産運用して利益を300万円得たとします。すると、300万円すべてがあなたの手元に入ります

 

一方で、NISA以外の株や投資信託で得た利益には20%が課税されるため、240万円(300万円-60万円[300万円×20%])しか手元に入りません

 

ぶたくん
NISAすんごっ!
僕は確定拠出年金制度を利用しているから、NISAは使ってないけどおすすめだね!

 

ロボアド

「ロボアド」とは “ ロボアドバイザー ” の略で、ロボ(AI)が自動で資産運用してくれます

 

ロボアドは確定拠出年金や積立NISAみたいに非課税措置はありませんが、個人的には初心者に一番おすすめしたいです。

 

というのが、完全自動で資産運用してくれるうえに、運用パフォーマンスがかなり優秀だから

 

最初に口座開設して積み立ての設定さえしてしまえば、後は放ったらかしておくだけでOK!

 

僕も実際にロボアドを使っていますが、結構な利益が出ています。

 

貯株

「貯株」とは、文字のごとく「株を貯める」ことです

 

「貯株」という言葉はおそらく耳にしたことがないのではと思います。なぜなら、僕が勝手に考えた造語だから。笑

 

ぶたくん
株を貯めてどうすんの?
配当金をもらうんだよ

 

配当とは…

「会社が得た利益の一部を、株主へ支払うもの」です。事業がうまくいったお礼として、利益の一部を株主に配当という形で還元することがあります。一般的にはお金で還元することを配当、サービスや物として還元することを優待と呼びます。

引用元:みんかぶ

 

例えば、「JT(日本たばこ産業)」という会社を見てみましょう。

 

JTは、株価が1,972円で配当利回りが7.8%です。(2020年9月4日時点)

 

これはつまり、JTの株を1株保有しておくだけで、1年間につき約153円(1,972円×7.8%)の配当金がもらえることを意味しています。

 

もし所有株数が100株なら、1年間で15,300円の配当金がもらえるということに

 

銀行と比べるのはナンセンスかもしれませんが、銀行の金利って0.01%とかなので、仮に100万円預けていたとしても1年間に100円しか増えません。

 

ぶたくん
株買った方が絶対いいじゃん!
そうなんだよ。ただ、株には「株価が下がるリスク」があることだけは知っておいてね

 

僕は現在、配当金の高い企業の株をコツコツ買うことで、不労所得を得る仕組みをつくっています。

 

ちなみに、証券会社は「SBIネオモバイル証券」を利用しています。

 

普通の証券会社だと100株単位でしか株を購入できないのですが、「ネオモバイル証券」なら1株単位で株を買えるので、少額からの投資が可能です。

 

少しずつ不労所得を得る仕組みをつくっていくのが、ゲームみたいで楽しいよ

 

 

まとめ|【財テク】「貯金」にはリスクがあるって本当?

以上、「【財テク】「貯金」にはリスクがあるって本当?」でした。

 

銀行にお金を預けておけば安心!なんて時代はもうとっくに終わっています。

 

これからは「自分のお金は自分で守る、自分で増やす」ようにしなければ、安心して老後を迎えることもできません。

 

ぶたくん
あぶねっ、貯金さえしておけば安心だと思ってたよ。汗
これからの時代は「お金を増やす」という考え方が大事なんだよ!

 

 

こちらの記事も読まれています

【お金は大事だよ】うつ防衛資金を貯めて心の余裕をつくろう

続きを見る

【うつ病歴10年】こんな僕でも1000万円を貯めることができた6つのコツをブログで紹介

続きを見る

【格安スマホ】初心者に圧倒的におすすめなのはワイモバイル【安さと安定感を両立】

続きを見る

 

スポンサードリンク

-お金のこと, 資産運用

Copyright© うつLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.