お金のこと 確定拠出年金

【運用歴6年】企業型確定拠出年金の実績をブログで公開【評価損益は+〇〇円】

 

ぶたくん
確定拠出年金やってる人の運用実績が知りたいなぁ。個人ブログでものぞいてみようかな!

こう思ってこの記事にたどり着いたあなた。

 

自分以外の人の資産運用額や運用実績って気になりますよね。

  • みんなどれくらい儲かっているんだろう?それとも、損している人もいるのかな?
  • 他の人の実績を参考に、自分の運用成績の水準を知りたいな

こんなふうに思い、私もついつい他の人のブログを読んだりしています。

 

そこで本記事では、確定拠出年金に加入してから6年経つ私の運用実績すべてを公開しています

 

ポートフォリオも公開しとるぞ!
マネー博士

 

3分もあれば最後まで読むことができますので、どうぞご覧ください。

 

 

確定拠出年金の運用額は3,135,409円、評価損益は339,483円、運用利回りは3.5%

さっそくですが、確定拠出年金の運用状況について紹介します。

 

  • 資産評価額合計 ⇒ 3,135,409円
  • 評価損益 ⇒ 339,483円
  • 運用利回 ⇒ 3.5%

 

この数字(特に運用利回り)がどのくらいの水準かというと、平均を少し上回っているぐらいです

というのは、下のグラフを見ていただくと分かります。

グラフは、確定拠出年金に加入している160万人の過去5年間の運用利回りを表したグラフです。

 

棒グラフの緑の部分が、私の過去5年間の運用利回り「3.4%」を示す分布域なのですが、ざっと見ただけでも全体の半分よりは上位にいるのが分かります。

まずまずの成績じゃな!
マネー博士

 

資産運用についてまだまだ勉強中の初心者ですが、とにかく基本に忠実に「分散投資」することだけを意識して運用しています。

 

たった1つの心がけだけで、30万円を超える利益が出ているので個人的には今のところ大満足です!

 

関連記事

【データ公開】確定拠出年金の評価損益の目安っていくら?運用歴6年のベテランが解説!

続きを見る

【確定拠出年金】ポートフォリオを公開

続いて、ポートフォリオを紹介します。

ポートフォリオは上の画像の通りです。(画像が小さくて見えない場合、下の表をご覧ください)

➤モバイルは左スライドで全表示

資産クラス 資産評価額 資産配分
国内債券 418,008円 13.6%
外国債券 501,094円 16.3%
新興国債券 442,131円 14.4%
国内株式 873,405円 28.3%
外国株式 381,067円 12.4%
バランス型ファンド※1 461,190円 15.0%
合計 3,076,895円※2 100%

※1 諸事情で正式名称は伏せています(株式、債券、REIT、コモディティなどあらゆる資産に分散投資するバランスファンドです)

※2 運用商品の預け替え中なので資産合計値が3,135,409円と一致しません

 

資産配分は「国内株式」だけが唯一20%代で頭一つ抜き出ていますが、その他の資産クラスはすべて15%前後でだいたい同じぐらいの資産配分率になっています

 

株式と債券の割合も「1:1」になるように意識しています。

 

ぶたくん
なかなかバランスが取れたポートフォリオだね!

 

しかし、今でこそこのようにバランスの取れたポートフォリオになっていますが、実は約2年前の2018年3月のポートフォリオは散々でした…。

当時のポートフォリオは下の画像のとおりです。

(画像が小さくて見えない場合は、下の表をご覧ください)

➤モバイルは左スライドで全表示

資産クラス 資産評価額 資産配分
国内債券 217,218円 9.4%
外国債券 3,120円 0.2%
新興国債券 26,246円 1.2%
国内株式 348,241円 15.1%
外国株式 83,848円 3.7%
バランス型ファンド 1,633,515円 70.4%
合計 2,312,368円 100%

 

なんとも偏ったバランスの悪い資産配分ですよね。

 

ぶたくん
「資産内訳の7割がバランス型ファンドだから良いんじゃないの?」

 

こう思われるかもしれませんが、このバランス型ファンド…実は手数料が高いのです。

 

そして、手数料が高いわりにパフォーマンスが悪い

 

ですから、2年間かけて少しずつこのバランス型ファンドを他の商品に預け替えして、今のポートフォリオを構築しました。

いっぺんに売却するのではなく、時間をかけて少しずつ預け替えするのは大変でしたが。

 

最終的には、バランス型ファンドの商品はすべて他の商品に預け替えするつもりじゃよw
マネー博士

 

 

【確定拠出年金】運用(保有)中の商品を詳しく紹介!

続いて、運用中の商品について詳しく紹介していきます。

内容は、

  • 商品別残高
  • 商品別手数料

を中心に紹介します。

 

運用商品の商品別残高

上の画像は、商品別の「資産評価額」「評価損益」「投資対象」を示したものです。

画像が見えにく場合は、下の表をご覧ください。

➤モバイルは左スライドで全表示

商品名 資産評価額(割合) 評価損益 投資対象
インデックスコレクション(国内債券) 229,493円(8%) 3,686円 国内債券
明治安田DC日本債券オープン 194,449円(6%) 15,307円 国内債券
インデクスコレクション(外国債券) 497,834円(16%) 23,193円 外国債券
DCダイワ新興国債券 442,131円(14%) 27,358円 新興国債券
インデックスコレクション(国内株式) 29,477円(1%) 1,315円 国内株式
ニッセイ日経225インデックスファンド 844,791円(27%) 117,260円 国内株式
インデックスコレクション(外国株式) 377,807円(12%) 69,277円 外国株式
インデックスコレクション(バランス株式30) 32,598円(1%) 3,723円 バランス型
バランス型ファンド 461,190円(15%) 34,003円 バランス型

 

すべての商品がプラス収益と絶好調です。

中でも、特にプラス幅が大きいのが「国内株式」と「外国株式」です。

 

というのも、私が確定拠出年金に加入した2013年から、「日経平均」「NYダウ」ともに右肩上がりで株価が上がり続け、たまたま運よくその恩恵を受けることができたからですw

 

ぶたくん
ほんとだ!きれいな右肩上がりだね
しかし、いつか暴落が起きそうで怖いのぉ…
マネー博士

 

確かにいつまでこの調子が続くかは分かりませんが、もし暴落する時がきても、そこで焦ることなく淡々と積み立てていくことが大切ですね。

 

運用商品の商品別手数料

上の画像は、商品別の「信託報酬」「ベンチマーク」「累積リターン(1年)」などを示したものです。

(画像が見えにくい場合は、下の表をご覧ください)

➤モバイルは左スライドで全表示

商品名 信託報酬 ベンチマーク 累積リターン(1年)
インデックスコレクション(国内債券) 0.110% NOMURA-BPI 総合 1.47%
明治安田DC日本債券オープン 0.550% NOMURA-BPI 総合 2.26%
インデクスコレクション(外国債券) 0.154% FTSE世界国債(除く日本) 6.59%
DCダイワ新興国債券 0.572% 取説参照 6.87%
インデックスコレクション(国内株式) 0.154% TOPIX(配当込み) 9.96%
ニッセイ日経225インデックスファンド 0.275% 日経平均株価 13.77%
インデックスコレクション(外国株式) 0.154% MSCIコクサイ 21.11%
インデックスコレクション(バランス株式30) 0.154% 取説参照 5.66%
バランス型ファンド 1.100% 取説参照 7.42%

 

特に、注目してほしいのは「信託報酬(手数料)」です。

確定拠出年金は定年まで長い時間をかけて運用するわけですから、信託報酬が資産全体に与える影響はかなり大きいです。

つまり、信託報酬は少しでも安いに越したことはありません

 

ところがどっこい(古い)、表の一番下の「バランス型ファンド」の手数料だけが1%を超えていやたらと数値が高いです

そして、手数料が高いわりに累積リターン(1年)はそんなに良くない…。

 

なぜこのような商品を購入してしまったかというと、実ははっきり言ってダマされたんですよね。

 

確定拠出年金を会社が導入する時って、当然ながら、事前説明会が開かれるんですが、その時の説明会の講師(信託銀行のファイナンシャルプランナー)にしてやられました…。

 

「もし商品選びに悩むようであれば、私なら100%バランス型ファンドにしますよ!」

 

6年前の私は、この言葉を真に受けたわけです。

当時は、確定拠出年金の「き」の字も知らないど素人なわけですから、そりゃあ信じますよね。

言われるがまま100%バランス型ファンドを購入しました

そしたらだいぶ後になって分かったのですが、手数料が高いのなんのって…。

 

信託銀行は、手数料が高い方が自社が儲かるわけですから、当然手数料が高い商品をすすめてきます。

それにまんまと乗っかってしまったわけですね。

 

話が少し脱線しましたが、要は自分でしっかり勉強して行動しないと失敗するよということです

あなたも今一度、自分の商品の手数料ぐらいは最低限確認しておいた方がいいですよ。

 

 

【運用歴6年】企業型確定拠出年金の実績をブログで公開【評価損益は+〇〇円】|まとめ

以上、「【運用歴6年】企業型確定拠出年金の実績をブログで公開【評価損益は+〇〇円】」でした。

 

いつも思うのですが、私が今運用している約300万円を銀行に預けていたら、おそらく金利で増えるのって「数十円」とかなんですよね。

一方で、自分でしっかりと方針を立ててお金を運用すれば、私のような投資初心者でも30万円を超える利益を生み出すことができます。

 

この差ってかなり大きいですよね。

 

思考停止して、

「銀行に預けておけば大丈夫」

なんて思っていると、本当に危険です。

 

努力して資産を増やそうとしている人とは差が開く一方。

そうならないためにも、お金の知識はしっかりと勉強して身につけておきたいところですね!

 

こちらの記事も読まれています

【初心者向け】おすすめの投資法3選!株やFXはおすすめしない理由も紹介

続きを見る

【サルでも分かる】確定拠出年金のメリットとデメリットをやさしく解説

続きを見る

 

スポンサードリンク

-お金のこと, 確定拠出年金

Copyright© うつLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.