【公開】“ 億りまっせ ” 運営者の資産運用実績!資産1億円まであと〇〇万円…

 

本サイトでは、

  • 副業
  • 資産運用
  • 節約

をメインに情報発信しています。

 

サイト運営者である私が、実際に副業と節約でお金をつくり、そのお金を資産運用に回すことで資産を増やしていくことを実践中です

 

目指すは資産1億円じゃよ!
マネー博士

 

本記事では、その備忘録もかねて自身の資産運用の状況を綴っています。

 

今はまだ400万円にも満たない資産運用額ですが、本気で資産1億円を目指していろんなことにチャレンジ中です!

 

ぶたくん
毎月更新する予定なのでぜひ見てね!





2020年4月現在の資産運用実績

グラフと表から分かるように、現在のポートフォリオは、

  • 預金
  • 株式取引(日本株)
  • 自社株
  • 確定拠出年金
  • ロボアドバイザー

の5本柱です。

 

2019年12月に総資産額が1つの目標であった1,000万円を突破しました

 

1,000万円のうち、資産運用しているのは約370万円で、損益は約-12万円ほど。評価損益率は約-1.2%です。

 

やばいです…。

完全にコロナショックの影響をモロに受けています。

 

2020年2月から4月にかけて資産運用額はどのくらい増えた?

➤モバイルは左スライドで全表示

日付 原資(投資金額)(a) 評価資産(b) 損益額(b)-(a) 損益率((b)-(a))/(a)
2019年11月 3,347,426円 3,551,343円 +203,917円 6.09%
2019年12月 3,502,426円

(前月比+155,000円

3,775,655円

(前月比+224,312円

+273,229円

(前月比+69,312円

7.80%

(前月比+1.71%

2020年1月 3,579,926円

(前月比+77,500円

3,820,469円

(前月比+44,814円

+240,543円

(前月比-32.686円

6.72%

(前月比-1.08%

2020年2月 3,627,426円

(前月比+47,500円

3,764,924円

(前月比-55,545円)

+137,498円

(前月比-103,045円

3.79%

(前月比-2.93%

2020年4月 3,732,426円

(前々月比+105,000円

3,607,810円

(前々月比-157,114円

-124,616円

(前々月比-262,114円

-1.22%

(前々月比-5.01%

※3月は仕事が忙しく更新をさぼりました

 

2020年2月から4月にかけて、評価資産が激減しました。

 

その額なんと「-157,114円」!

 

105,000円を投入したにもかかわらず、評価資産の前月比がこれほどの大幅マイナスとは…。

 

原因は投入金額を圧倒的に上回る損益額の大幅減です。

 

まさかの前々月比-262,114円

 

コロナショックで株価が大幅に下落したせいで、その影響をモロに受けました。

ここまでの株価下落は初めての経験で、正直萎え萎えです。

 

しかし、実はこれでも持ち直した方なのです。

日経平均が16,500円を割り込んだ2020年3月中旬は、評価損益が-40万円とかでしたから…

やはり、投資はリスクもあるのぉ…
マネー博士

 

 

個別株取引(日本株)の資産運用実績について

➤モバイルは左スライドで全表示

個別株取引(日本株) 原資 評価資産 評価損益 損益率 運用開始
2019年11月 328,000円 283,676円 -44,324円 -13.51% 2017年11月
2019年12月 368,000円 332,070円 -35,930円 -9.76%
2020年1月 398,000円 348,030円 -49,970円 -12.56%
2020年2月 398,000円 309,930円 -88,070円 -22.13%
2020年4月 398,000円 284,630円 -113,370円 -28.48%

2017年11月から株式取引(日本株)をやっています。

結果は見ての通り惨敗…。

 

ぶたくん
やばいね…

 

やはり株は難しいです。

 

コロナショックの影響で1月以降、まったく売買ができておらず完全に塩漬けの状態…

株価は下がる一方で、評価損益はついに-10万円を超えました。

雑魚すぎる…。

 

ちなみに、これだけ損失を出しているのにもかかわらず、私が株にこだわるのはある理由があるからです。

 

それは、「目指せ資産1億円」!

 

投資信託やロボアドバイザーは、安定して利益を生み出してくれる一方で、爆発的な利益は見込めません。

(とは言え、安定感重視の企業型DCやロボアドですら現在マイナスですがw)

 

元々の原資が大きければ、投資信託やロボアドの複利効果だけでも資産1億円を達成できるかもしれませんが、私のように数百万程度の原資から単純な複利効果だけで1億円に到底するのは極めて困難です。

 

ですから、リスクを負ってでも「攻めの投資」をする必要がある!

 

それが、株をやっている理由です。

 

現在はマイナス収支ですが、いずれ収支をプラスにもっていけるよう引き続き鍛錬を続けます。

 

どんなに株で儲かっている人でも、最初は素人からのスタートじゃからのぉ
マネー博士
ぶたくん
最初から上手くいかなくても、めげないことが大事!

 

関連記事

投資初心者が10万円から株を始めるならネオモバイル一択【1株から買える】

続きを見る




自社株(日本株)の資産運用実績について

➤モバイルは左スライドで全表示

自社株 原資 評価資産 評価損益額 損益率 運用開始
2019年11月 186,000円 158,343円 -27,657円 -14.87% 2009年5月
2019年12月 236,000円 204,557円 -31,443円 -13.32%
2020年1月 246,000円 206,835円 -39,165円 -15.92%
2020年2月 256,000円 200,604円 -55,396円 -21.64%
2020年4月 276,000円 232,888円 -43,112円 -15.62%

 

“ 自社株 ”、いわゆる自分の勤めている企業の株を買っています。

 

これが残念なことに大幅にマイナス収支となっているのですが、原因は私が勤めている会社の株価の下落…。

さらにコロナによる追い打ちです。

 

現在は、入社した当時の半分以下の株価にまで落ちています。

 

2020年4月は、2月に比べると評価損益額は増えたものの、いまだに-43,112円と残念すぎる結果です。

まじで萎える…。

 

とは言え、奨励金として購入額の5%を会社が毎月補填してくれるので、辞めるつもりは毛頭ありません。

 

むしろ、2019年の8月までは「月1,000円」しか積み立てしていなかったのを、「月10,000円、ボーナス30,000円」と大幅に増資しました。

メモ

※2020年5月から「月30,000円、ボーナス70,000万円」にさらに増額しました。

 

コロナで株価が下がっている今だからこそ買い増し時だと思っています。

 

ぶたくん
配当金ももらえるしね!

 

 

確定拠出年金(企業型)の資産運用実績について

➤モバイルは左スライドで全表示

企業型DC 原資 評価資産 損益 損益率 運用開始
2019年11月 2,713,426円 2,986,499円 +273,073円 +10.06% 2013年7月
2019年12月 2,768,426円 3,101,206円 +332,780円 +12.02%
2020年1月 2,795,926円 3,115,894円 +319,968円 +11.44%
2020年2月 2,823,426円 3,094,944円 +271,518円 +9.62%
2020年4月 2,878,426円 2,915,113円 +36,687円 +1.27%

 

総資産の30%弱を占めるのが、確定拠出年金(企業型)です。

 

2013年7月から、私の勤める会社が確定拠出年金制度を導入したことがきっかけで始めました。(正しくは「始まりました」)

 

損益は+3.5万円、損益率は1.27%

 

ついにコロナのせいで、これまで大幅プラスだった確定拠出年金にも大ダメージです。

(しかし、これでも持ち直した方で一時期は-20万円ぐらいまで減りました)

 

ぶたくん
コロナやばし…

 

これまで、確定拠出年金を始めてから一度も収益がマイナスになったことはなかったのですが、ついにマイナスの瞬間を目にしてしまいました。

 

確定拠出年金はリスクが低く安定して利益を増やせる可能性が高いものの、やはり投資である以上損することもあるのだと身をもって学ぶことができました。

 

しかし、税制面での優遇も大きいので、これから投資を始めようと思っている方にはおすすめですね。

(あまり儲かってなくておすすめするのもどうかとは思いますがw)

 

あわせて読みたい

【サルでも分かる】確定拠出年金のメリットとデメリットをやさしく解説

続きを見る

 




ロボアドバイザーの資産運用実績について

➤モバイルは左スライドで全表示

ウェルスナビ 原資 評価資産 評価損益 損益率 運用開始
2019年11月 110,000円 113,034円 +3,034円 +2.76% 2018年6月
2019年12月 120,000円 127,764円 +7,764円 +6.47%
2020年1月 130,000円 139,596円 +9,596円 +7.38%
2020年2月 140,000円 150,080円 +10,080円 +7.20%
2020年4月 170,000円 167,511円 -2,489円 -1.46%
テオ 原資 評価資産 評価損益 損益率 運用開始
2019年11月 10,000円 9,791円 -209円 -2.09% 2018年6月
2019年12月 10,000円 10,058円 +58円 +0.58%
2020年1月 10,000円 10,114円 +114円 +1.14%
2020年2月 10,000円 9,366円 -634円 -6.34%
2020年4月 10,000円 7,668円 -2.332円 -23.32%

 

ロボアドバイザーは「ウェルスナビ」と「テオ」を利用しています。

 

どちらがより優れたロボアドなのかを確かめるために、2018年の6月から2019年の6月までの1年間、どちらもあえて積み立てをせずにパフォーマンスを比べてみたところウェルスナビの圧勝でした

 

というわけでウェルスナビ1つに絞り、2019年10月からはウェルスナビで毎月1万円の積み立てをしています。(テオはこのまま放置プレイの予定)

 

そんなウェルスナビですが、2020年4月時点で投資額17万円に対して損益は-2,489円、損益率はー1.46%です。

 

ぶたくん
…ロボアドまでマイナスだね

 

まあもう仕方ないですね。

コロナでこれだけ相場が荒れれば。

 

そもそも長期投資が前提なので、これから頑張ってくれれば全然OKです。

 

こちらの記事も読まれています

【画像で解説】ウェルスナビの始め方【口座開設・入金・自動積立設定の方法】

続きを見る

【比較】ウェルスナビとTHEO(テオ)はどちらがおすすめ?【1年間の運用実績も公開】

続きを見る

 

 

【公開】“ 億りまっせ ” 運営者の資産運用実績!資産1億円まであと〇〇万円…|まとめ

以上、「【公開】“ 億りまっせ ” 運営者の資産運用実績!資産1億円まであと〇〇万円…」でした。

 

というわけで、私が目指す資産1億円までは残り約9千万円です。

 

ぶたくん
果てしなく長い道のりだね…

 

普通に会社員やっているだけでは、とてもじゃないですが資産1億円なんて無理です。

 

ですから、私は会社の給料以外の収入を得るために副業(おもにアフィリエイト)を2018年から始め、今では月に5万円程度の収入を得るようになりました。

(2020年4月現在はいろいろあって2万円程度にまで減っています…)

 

その副業収入のほとんどすべてを資産運用のための資金に充てています。

具体的な内訳は、ロボアドバイザー(ウェルスナビ)に毎月1万円、残りの資金はすべて株式取引に投入しています。

 

株式取引は、私のような投資初心者には不向きな “ ハイリスク・ハイリターン ” な投資法だということは分かっていますが、もともとゼロになっても困らない “ 副業収入 ” だからこそ、「攻めの投資」ができます。

現在の結果はマイナス収支ですが、そのうち必ずプラテンしてみせます!

 

一方で、給与から積み立てる確定拠出年金(毎月27,500円)と自社株(毎月30,000円、ボーナス70,000円)は「守りの投資」です。

堅実に少しずつお金を増やしていくのが目的。

 

最後にまとめます。

社員で安定した給料をもらいながら守りの投資をしつつも、副業で得たお金で攻めの投資を!

これこそまさに、サラリーマンが勝ち組になるための1つの方法だと思います。

 

そう思っているからこそ本サイトでは、「副業」「資産運用」「節約」をメインに情報を発信しています。

 

まだ50記事程度のサイトですが、資産が増えていくのと同時にサイトも育っていけばいいなと思っています。

 

 

新着エントリー

“ 億りまっせ ” 運営者の運用資産総額

運用資産総額:約350万円

本サイト “ 億りまっせ ” 運営者の資産運用額を公開!投資先ごとの投資元本や評価資産、それに評価損益などを詳しく解説しています。毎月、副業で稼いだお金を投資に回し「資産1億円」を目指します。毎月情報を更新しているのでぜひチェックをお願いします。

詳しい解説記事はコチラ

 

スポンサードリンク

Copyright© 億りまっせ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.